頭皮に髪の毛がなくなったら植毛でケアできます

抜け毛が増えると、驚くような速さで進行することがあるので、急いで市販の育毛剤や育毛シャンプーで対策しても間に合わず、気付いたときには、おでこや頭頂部の髪の毛がほとんどない状態になってしまうことがあります。



髪の毛が抜ける原因は、加齢だけではなく、ストレスや日頃の生活習慣、遺伝なども関係していますから、自分ではどうすることも出来ないことなので、くよくよしても仕方がないことです。
しかし20代や30代で薄毛になるのは、さすがに辛いでしょうから、そんなときは植毛を行い、髪の毛がなくなった部分をケアするようにしてください。
AGA専門クリニックに行くと、薄毛の症状を抑えるために、最初のうちはプロペシアやミノキシジルなどの薬で対処します。

BIGLOBEニュースに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

薬を使ったぐらいでは、どうにもならないほど、毛の少ない状態の場合は、fut法またはfue法による植毛手術を勧めるところが少なくありません。



この二つはドナーの採取方法に違いがあり、fue法では植毛に使う毛髪をメスではなく、専用の機械を使って、毛髪ごと吸引します。

メスで頭皮を切開することなく毛髪を採取できるので、傷もすぐにふさがり、目立たなくて済みます。
吸引された毛髪の部分は、市販の黒い粉をふりかければ隠せるので、誰かに知られる心配もないでしょう。


プロペシアやミノキシジルなどの薬の効果があらわれるのを待つよりも、確実に髪の毛を増やせますから、スピーディーに効果を得たいなら、植毛手術を受けるようにしてください。