自毛植毛のメンテナンスは必要か

category01

自毛植毛は、他のカツラや増毛などの方法とは違い、自分の毛が薄くなったところに自分の髪の毛を移植する方法のため、自毛植毛をした際にはメンテナンスをする必要はまったくありません。

livedoorニュースをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

自分の髪の毛として、そのまま生え続けることになります。普通の髪の毛と同様に、伸びてくるため、カットをする必要はあります。



また、移植をした部分は、薄毛になりにくいところの髪の毛を移植しているため、薄毛になりにくいのですが、移植をしていない部分は薄毛が進行してしまう場合があるため、薄毛にならないように薄毛の進行抑制剤などを勧められる場合があります。

プロペシアなどを勧められることがあり、利用するかどうかは本人の判断に任せられることになります。また、利用することによって、複数回必要な植毛手術の回数を減らすことができる可能性があります。

人工毛植毛の場合は、人工の毛を使っているため伸びることはないので、散髪をする必要はありませんが、メンテナンスをしないと抜けてしまうことになってしまいます。

薄毛治療に関するマニアックな情報をお届けします。

人工毛のため、自分の毛ではないので、拒絶反応などを起こす可能性もあるため、あまりおすすめできない方法です。


植毛はメリットばかりがあるわけではなく、移植の際に料金が高いとか、移植する際にあまり実績がないクリニックなどの場合は、失敗してしまうなんてこともあるので、しっかりと、利用するクリニックは口コミなどで見定めておくことが成功させるためには重要です。

医療の情報まとめ

category02

植毛を専門に行っているクリニックというのは東京や大阪などの都市部を中心に展開しているために、地方に住んでいる人にとっては通いにくいという人も多いのではないでしょうか。特に、沖縄などの飛行機を使わなければいけないようなところだと、植毛のために東京や大阪などの都市部にわざわざ通うのは難しいと言えるでしょう。...

subpage

大人の常識

category02

抜け毛が増えると、驚くような速さで進行することがあるので、急いで市販の育毛剤や育毛シャンプーで対策しても間に合わず、気付いたときには、おでこや頭頂部の髪の毛がほとんどない状態になってしまうことがあります。髪の毛が抜ける原因は、加齢だけではなく、ストレスや日頃の生活習慣、遺伝なども関係していますから、自分ではどうすることも出来ないことなので、くよくよしても仕方がないことです。...

subpage

医療の特徴紹介

category03

薄毛は男性のみ起こるように思われますが、女性ももちろん起こります。原因は遺伝やストレスが大半で、男性の場合は、てっぺんやM字型、女性の場合は髪を束ね続けていたために引っ張られてその部分から剥げてくることがあります。...

subpage

知っておきたい常識

category04

植毛は、大きく分けると、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を埋め込む人工毛植毛と、自分の髪の、後頭部などのAGAの影響を比較的受けない場所から移植をする自毛植毛があります。二つの方法のうち、一般的によく行われるのは、自毛植毛で、移植した髪が定着すれば、ふつうの髪と変わらずに生えてきます。...

subpage