植毛の種類と特徴について

植毛は、大きく分けると、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を埋め込む人工毛植毛と、自分の髪の、後頭部などのAGAの影響を比較的受けない場所から移植をする自毛植毛があります。


二つの方法のうち、一般的によく行われるのは、自毛植毛で、移植した髪が定着すれば、ふつうの髪と変わらずに生えてきます。

さらに、定着する確率は、自分の髪の毛を使うため、かなり高く、さらに、自分の髪の毛を使うため、周りの髪と髪質や髪色が変わらないので、自然に見えるということもメリットです。
さらに、もし、周りの髪が白髪になった場合には、元々あった髪の性質を引き継ぐため、一緒に白髪になるため、年月が過ぎても自然のままです。



さらに、施術をすれば、確実に髪をはやすことができ、定着すれば施術後に特別なメンテナンスなども必要なく、シャンプーやスポーツなども普通に行うことができます。


ただし、メリットだけではなく、デメリットも存在します。



まず、植える髪は、自分の髪をドナーとして使うため、採取することが出来る髪には限りがあり、さらに、一度に高密度に行うと、定着する確率が低くなってしまうため、高密度で行う際には、複数回に分けて行う必要があります。

特徴のあるBIGLOBEニュースに関して最新情報を教えます。

さらに、一度抜けてから生え変わるため、生えそろうのにも時間がかかってしまうということもあります。

人工毛植毛の場合には、本数は好きなだけ増やすことができ、すぐに理想の髪型にできますが、異物として認識されてしまうため、定着することがなく、抜けてしまうため、定期的なメンテナンスが必要となります。